一社キッチンコミュニケーション協会 第5回社員総会

IMG_4516
2021年9月24日 第5回社員総会をズームミーティングで開催し無事終えることが出来ましたので報告致します。

5年前は フェイスブック例会 などメッセンジャー機能を使っていたのが 最も新しい方法でした。
でもコロナによって世の中が激変し、僅か5年の間に 遠方の方と会議が出来るズームミーティングの時代が到来です。

と言っても、私はすいすい出来ている訳ではなくて💦社員の和田さんがサクサクと準備して下さったおかげです。
和田さんはパソコンサポートをされているプロです。
そして、副理事長の三宅由佳氏は 福祉、経済など研究され学位をもっておられる優秀な女性で、その幅広い知識を持って様々な分野で活躍中!! 協会の運営を助けて下さっています。
当日は司会進行にも協力して頂きました。。

一人ではできない事も 専門分野の助けが有れば形になって行くことを実感しています。

料理の世界の技術は積み重ねなければ身に付きませんが、その技術を発信する方法が無ければ次世代に伝えることは難しいです。

発信方法としてレシピブックやテキストが有りますが、実際に食べてみなければ味は分かりません。。
実習し、出来上がった料理を試食し、自宅で再現することによって技術は身に付きます。

その方法として実習型子ども料理教室と 復習用の動画は不可欠な時代になったと感じています。

動画作りを一人で数本作ってはみましたが、やはり仲間がいる方がうまく撮れます。

今後は皆さんと一緒に作って その動画をどんどん掲載していきたいと考えています。

コロナで大きなイベントは出来ませんが 子どもたちは料理教室をとても楽しみにしています。
指導している私達も毎回子ども達に笑わせて貰いながら楽しい時間を共有しています。

試行錯誤しながらですが、 これからも邁進します。
引き続き皆様のご協力をお願い致します。

今回ズームミーティングに新会員のANI様が参加して下さいました。
姫路で学習塾を経営しながら、子どもに食育も進めておられる方です。
私の開催している子ども料理教室の見学にも来られています。

*会員様は見学可能です。(予約制)

料理教室の先生は、楽しみながら 子どもの成長を見守ることが出来る素敵な仕事です。
是非 多くの方に子ども料理教室を始めて頂きたいと思います。
キッチンコミュニケーション協会は 子どもを守る大人も応援させて頂きます。

令和3年総会に向けて 2年度の活動報告作成しました

令和2年度196478407_2058013747670968_7346951224126536276_n 

(2020年9月~2021年8月31日)
一般社団法人 キッチンコミュニケーション協会 活動報告

令和2年度の活動及び連絡
①令和2年9月総会
コロナのため 集まることを避け、活動報告資料を配布SNSで送付、リモート総会を実施しました。
②令和2年10月
国際プチソロミスト神戸中央 平木会長と食育講演に向けて打合せ
神戸市の中学校へ イラスト入りテキストを寄贈 80冊
秋の食育講演会(国際プチソロミスト神戸中央主催)はコロナ第二波のため中止決定
③リモート及び動画によるレッスン告知のCM動画を制作開始
★子供食堂などで作った料理を再現する(子どもが復習する)ための動画制作開始。
★遠方からの新規講師会員獲得のため、リモートによる クッキングレッスンの必要性を感じ、株式会社めいきょう様に依頼し動画レッスンの告知動画を制作。3月完了。
(鎌倉がリモート事業助成金を活用し 個人活動用に製作しましたが 今後この活動が広がることを目的に協会のHPにも掲載します。)
④令和3年4月キッチンコミュニケーション協会の移転 法務局に登記を松田司法書士に依頼し完了
⑤理事6名重任登記完了(移転登記と同時に松田司法書士に依頼)
⑥明石市役所(税務課)に事務所の移転届提出 法人税減免届けを提出し、 受理された
⑦協会事務用品が増えてきたため レンタル倉庫契約。
1か月5000円協会事務所と同じ建物内
⑧子ども料理教室開催5月~8月前半
新型コロナ感染症 流行のため 中止していたが5月に*環境を整え再開。
*新事務所 手洗い、消毒の動線を確保し、密にならないよう場所の確保と人数制限、加えて保護者の同意を得て再開した。
7月親子の料理教室が好評で4回満席 8月も続けて申し込みが多数だったので、A会員の三木講師と二人で指導に当たった。
8月の中旬以降 再び新型コロナウイルスデルタ株の感染が拡大し 若年層にも注意が必要な情勢を踏まえ 後半の料理教室は中止した。
⑨DVシェルターの母子家庭の親子様向けに夏休み料理教室を開催することが決まっていたが コロナにより、依頼団体様から辞退の申し出が有り 中止した。
⑩今期の協賛金及び 会費請求について
新型コロナワクチンが猛威をふるう中 企業様もそれぞれに苦境を強いられていたため
前年度の寄付金の請求をしませんでした。今期も 株式会社 鍵庄様からのみですが、 協力金を頂いているので 企業様への請求をストップします。

⑪新会員入会のお知らせ。姫路で子どもの学習塾を経営されている阿二様が3月入会されました。子ども料理教室のアシスタント等を経験し実施訓練中です。
こちらの講習は2回リモートレッスンにて開催致しました。
⑫子ども用テキスト夏号(クラウドファンディングで達成した1000冊)の実習付き配布が終わりました。(残り10冊程度です)
今年の夏のレッスンは終わりましたので、 来年夏までに2版目印刷の予定です。数は未定です。

以上 ご報告申し上げます。

尚、協会発足以来 5年になりますが、今迄の子供クッキングの様子はほぼ全て 協会のHPからご覧いただけます。ゆっくりでは有りますが確実に前進しております。引き続き応援をお願い致します。
2021年8月31日現在、緊急事態宣言真っ最中で、コロナデルタ株が猛威を奮う事態では 大々的なイベントは開催出来ませんが、小さなコミュニティ(2~3人)の料理教室なら 受講生の状況を把握しやすく また密にならず、工夫次第で開催可能です。
こんな不安な時こそ身近な子ども達に目を配り 声掛けなどして食を中心にしたコミュニティを作って頂きたいと思います。
子どもの身体と心を育むのは 家庭料理です。
このことを発信し続けて行きます。

2021年8月7日 子どもだけの料理教室

2021年8月7日子ども料理

子供料理教室のメンバーは4月からスタートしてかなり慣れて来ました。
おしゃまなレディ達の会話が面白すぎて、笑いっぱなしです🤣

子ども料理教室では可愛い子ども達と一緒に過ごせて幸せな時間です。

お洒落な保育園児に合わせて レース模様のお皿に盛り付けました。

この教室はキッチンコミュニケーターⓇの三木先生が ヘルプに入って下さるので とても安心です。
三木先生は 栄養士や薬膳の資格も持っておられて、子ども達の身体のことを常に見守ってくれています。

7月は阿二先生 8月は三木先生 いろんな大人に関わりながら 子供達にはコミュニケーション術も学んでほしいと思います。 
*まあ 子どもの会話を聞いていると 大人の方がタジタジだったりしますが・・・・(笑)

後半の子どもお料理教室は中止せざると得なくなりました(;’∀’)
緊急事態宣言が発令され、しかも小学生や保育園などどんどん低年齢化している状況です。

こんな時こそ、お料理したい気持ちも有りますが、一方でクラスターなど発生したら責任が取れません💦

来月は様子を見て開催日を決定致します。
ご了承下さいませ。

2021年3月24日 キッチンコミュニケーターⓇ養成講座 ズームレッスン始まりました!

ズームレッスン
いよいよ2021年度に向けて準備が整いました。
コロナ禍で 緊急事態宣言が出されている最中に、子どもを大勢集めての調理実習はためらわれましたがとりあえず宣言が解除され コロナに対応する予防策が身について来ました。
とは言え、第4波も懸念され油断出来ない状態です。

しかしながらいつまでも立ち止まるわけにはいきません。
私も大きく舵をきり ウィズコロナスタイルのスタジオを作っています。

入室後すぐ手洗いの出来る洗面書を設けました。
三蜜を避けるため少人数制の料理教室にします。
手洗い アルコール消毒 の徹底。
実習時にはマスク着用 
試食時はパーティションを置き 大声でしゃべらないように注意し飛沫感染を防ぐ。

調理から試食を含めて2時間以内に終わるよう レッスンをコンパクトにしながらも 理解しやすいようにカラー写真付きのテキストを配布。復習しやすいように動画も配信します。

今日は 子ども達に食の大切さを伝える先生向けのズームレッスンを開講しました。
マンツーマンのキッチンコミュニケーターⓇ養成講座です。

4月のメニュー2品をピックアップし デモンストレーションを交えて約2時間の講義
事前にテキストとレジュメをお送りして準備万端
ウェブカメラやマイク 三脚も揃えました。
途中カメラが落ちて 輪ゴムで固定😅
それ以外はスムーズにズーム終了
講義は3回に分けて行います。
本日一回目は ①食中毒を起こす菌についての知識やコロナ対策も交えての衛生講習②味を伝えるツール 正しい計量方法 ③食材選びや保存方法 調理技術 盛り付け 配膳などを伝え質疑応答
子どもへ食を伝達するには 指導者がきちんとした食の基礎知識を持つ事が大切だと思います。
今日受講された方も既に子ども教室を開催されていますが、もっと勉強したいという反応を頂きました。

興味を持たれた方はどうぞお問合せ下さい。
一緒に食の事学び 子ども達に伝えませんか?

2020年8月 子どもの食育動画作り 始まりました!

コロナ禍で 調理実習型の子ども食堂の運営が難しくなりましたが 技術や知恵を伝える方法は増えました。

(一社)キッチンコミュニケーション協会は子ども達に伝え継ぎたい家庭料理のテキストを作っています。

そのテキストで分かりにくい部分が有るので、イラスト入りのテキストを作りました。

そして、今回さらに わかりにくいところを動画を作る事により誰でも作れるように補助する方向で進みたいと考えています。

私のスタジオでも10月から再び子ども食堂を開始します。
消防法により、定員12名ですが 三密を避けるため実習をしばらく休み食事を提供します。

食べ物を与えて貰うだけでは生きる力は身に付きにくいです。
作り方のテキストをプレゼントし動画を無料でみれるようにしやってみようという意欲が湧くように計画中です。

料理は包丁と火も使うので 手を切ったりやけどしたり火事になったりの危険が伴います。

でも、子どもの頃からきちんと 大人が寄り添って調理すれば、必ず料理に興味が湧き出来るようになります。

私は昭和の優しい家庭料理と行事食のテキストを作り 講師を育て、その講師が中心になって子ども料理教室を多くの方が運営しミニコミュニティを増やす!というスタイルを目指していました。
でも遠方へ移動するのは大変で、講師を育てることの難しさを実感していました。

ところが、世の中がリモートワークスタイルに変化し 動画を使えば簡単に技術を伝えることが出来るようになったとわかりました。

ポイントとなる 火の扱いや包丁の使い方なを子どもと一緒に繰り返し練習し あとは応用してテキスト動画を見て上達するように運ぶことが出来ます。

世の中がどんどん変化しても 人間で有る限り 食べることは生きるための必須条件です。
リモートで味はわかりません。

人は遠くに離れれば離れるほど 身近な人を恋しく大切に思う事でしょう。

大人は、身近なところで困っている人を知らん顔せず、食生活を含め助けてあげて欲しいと思います。

そのような活動に共感して下さる方を協会は探しています。

一緒に子ども料理教室の活動しませんか?

2020年1月15日 ひとり親の親子クッキングin兵庫県立神戸生活創造センター

ひとり親クッキングin生活創造センター長田区に新しく出来た、兵庫県立神戸生活創造センター調理室の下見に行って来ました。
素晴らしい設備です✨

国際ソロプチミスト神戸中央主催で
[1人親の親子クッキング]を3月に開催します。

提案して下さったのは、ソロプチミスト神戸中央セレクタリーの平木さん。

平木さんとは、ライオンズクラブで知り合い 
「いつか一緒に活動出来れば良いね。」と昔々、話したことが有ります。
ようやく実現に向けて一歩前進しました。

「1人親家庭の子ども達の学びと生きる力を応援」するNPO法人ウイメンズネットこうべ WACCAの皆様と打ち合わせでお目にかかる事が出来ました。

10月には、食育の講演会も開催します。
この数年 地味ながら諦めずコツコツと積み上げてきた活動が、後ろを振り返ると数段出来ていた気がします。

2019年10月5日 ㈱シニアエイド・イノベーション のユーチューブに出演!

(株)シニアエイド イノベーションの田中代表が、キッチンコミュニケーション協会の活動を取材して下さいました。
子ども食堂や子ども料理教室に対する気持ちをユーチューブでアップ♫

シニアの皆様も是非ご覧くださいませ。

共感して頂けたら<一緒に活動しませんか
よろしくお願いします🤲