2020年 5月3日 活動が商工会議所の所報に掲載されました


明石商工会議所の所報5・6月号事業所ピックアップというコーナーでご紹介頂きました。
起業して14年目になりましたが ようやく事業所として認めて頂けた様な気がして、とても嬉しいです。

コロナ騒動真っ最中 今後はリモートワークが進み 料理教室も、ズームなどを使った講習会が増えると思います。

初めは物珍しさでリモート飲み会も流行するでしょうが、料理の味は確認出来ないし 自分の1人分だけを自宅で作るのは難しいです。

キッチンで同じ作業をして一緒に食事し共感することの値打ちは返って増すでしょう。

新しい技術を取り入れつつ、キッチンでコミュニケーションの楽しさを伝え続けようと思います。

このタイミングで所報にご紹介頂いた事は、エールと捉えて、このコロナによる災いに負けず持続して行こうと決意を新たにしました。

以下 ご紹介頂いたところをピックアップしました。流石プロの文章はよくまとまっていますね。↓↓↓

2020年4月14日 神戸新聞明石版に掲載されました。

202004koubeshinbun
昨年4月に明石子ども財団にも20冊寄贈させて頂きました。
子ども食堂のメニューに困っている皆様にもお使い頂きたいという思いでした。
子どもが自宅でも作れるようにイラスト化しています。

著書の川越先生は 私の恩師で協会の理事も担って下さっています。
30年ほど前コープこうべで子どもクッキング教室を開催されていた頃、私は先生の横でアシスタントをしていました。
そして今私が講師として子どもを教えています。
私が子ども食堂で 指導している子ども達の中から次の料理の先生が生まれるかもしれません。
人が繋がるって楽しいことです♪

どうなるかはわからないけれど、心に希望が有る!というのが人間を強く明るくする!と思います♬

3月14日の子ども食堂は中止となりました。

2020年2月お弁当

子ども財団からの連絡を受けて 子ども食堂は中止となりました。その他に出張講座や遊びも兼ねたコンペやら次々と中止のお知らせが来たので、私も子ども食堂の親御さんへ中止の連絡したり…忙しい一日でした💦
目に見えない小さな敵(ウイルス)と闘うのは大変ですが、それに負けない身体作りが必要です。
しっかり食べて 運動して 休憩と睡眠を取ることが大切だと思います。
体力をつけて重篤な症状にならない様に自衛したいものです。
写真は私が家族のために作った2月のお弁当🍱
どれもこれも似たようなものばっかりですが😅一応鶏肉 豚肉 牛肉 魚🐟をローテーションして野菜🥦🥬🎃🥕海苔も必ず入れています。
お弁当は手軽で汁気が少ない炒め物が多いですが、夜は煮物中心にしてバランスの良い食生活を心がけています。

以下もご覧くださいませ。
私が近畿農政局の食育仕事人として登録して頂いている関係で、メールが届きました。

★未来につなぐ食育倶楽部ネットつうしん 
(令和2年2月28日号)★
◆ 新型コロナウイルス感染症について
厚生労働省のQ&Aが掲示されているので、不安な方はご覧ください。
新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。2020年2月21日現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。
製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品
取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。
※ 厚生労働省:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

2020年1月20日 キッチンでコミュニケーション♬「食」の講演会

202001120ルヴァンベール会場下見
正式決定ではありませんが、食の講演会を今秋10月に企画中です。
国際ソロプチミスト神戸の皆様からお声がけを頂き会場候補の下見に行かせて頂きました。
神戸北野にある素晴らしいウェディング会場で90名くらいを予定しています。

さて、明石では、子どもを見守る場所としての子ども食堂が30か所以上有ります。

私はコープこうべで食の安心安全のための活動に20年以上関わらせて頂きました。
コープ委員や家庭料理研究会という組織で 組合員主婦として、日本の家庭で受け継ぎたい文化と、子どもへの食育活動にも関わりました。子ども食堂の趣旨は居場所作りということですが、私は食を通してのコミュニケーション力や調理技術を習得して生きる力を子ども達にプレゼントしたいと思っています。
この3年間子ども食堂で実践してきた調理実習の様子などの写真も交えて皆さんにご紹介し 子ども食堂の輪が全国に広がることを願っています。

私も明石から一歩外へ出て 様々な場所で実習型子ども食堂紹介し広められたら良いなと思います。

2019年12月子ども料理教室🎄Christmas会のお知らせ

20191118ストラスブール🎄ウインドウ
12月7日の子ども料理教室は 西明石キッチンコミュニケーションスタジオと神戸市西区ハーブキッチンの2校合同で開催します。

会場は神戸市西区二ッ谷にある フィンランドからやってきた素敵なログハウスです。
会場地図は 当協会ホームページに掲載されている ハーブキッチンのHPからご覧ください。

参加費用は 今月は2200円と500円程度のクリスマスプレゼントをご持参ください。
内容は クリスマスケーキ とChristmasクッキー作り
焼きたてパンと  オレンジチキン です。

お申込みお待ちしております。

2019年4月13日 子ども食堂

2019年4月貴崎子ども食堂
貴崎校区の調理実習型の子ども食堂3年目に入りました!
毎年この4月は 桜鯛 筍 蕗 などを使った季節の行事食を伝えています。
今回のメニューは次の通り
筍と桜鯛の炊き込みご飯
旬の筍 蕗 鶏つくねの炊き合わせ
蕗の葉の佃煮
新玉ねぎとスナップえんどうのおつゆ
デザートは焼きざくら
蕗の葉の佃煮の感想を聞いたところ、美味しいという子どもが多かったですが、中には「ちょっと苦手 (;’∀’)」という子どももいました。それでも 全員 完食1
無理強いしたわけでもないのに、みんな残さず食べてくれて 感激しました。
そして筍ごはんはおかわり続出\(^-^)/ 大勢で食事するって楽しいことですよ!

2018年11月3日子どもコミュニケーション食堂

IMG_1872
貴崎校区の子どもコミュニケーション食堂は 連日満員御礼
地域の若いお母さま方が参加してくださって、毎回お手伝いしてくださっています。

世話焼きに慣れたおば様世代がいないので、子どもたちが右往左往しながらも自分たちでお茶を入れたり、ご飯をよそったりと奮闘しています。

でもどんどん上達してきて それが嬉しそうです。

さて、子供の居場所作りとして、明石市では子ども食堂が数多く展開されています。

それぞれに特色がありボランティアの方々を中心に広がっています。

私が考える「居場所」とは、自分に役割がある場所だと思います。

例えば お日様があたるポカポカした明るい窓辺に机を置かれて 何もしなくていいよ!ごはんももって食べさせてあげるよ!と言われたとして 本当に居心地は良いのでしょうか?

私は自分が何かすべきことがある場所のほうが居心地が良いと思います。
自分が必要とされる場所こそ居場所なのではないでしょうか。

赤ちゃんのように、ひたすら愛を与えられるべき時期は確かにあります。
でも一定期間を過ぎれば、自分が何か人のために役に立つ存在でありたいと願うのが人間です。

調理実習は 自立して生きていくための手段で急に身につくものではなく徐々に体が覚えていきます。
働くお母さんを助ける手段にもなります。

勉強は 教科書を開くことだけではありません。
音楽や体育があるように家庭科も大切な学びの時です。

子ども食堂に通う子供たちには、大勢の人と力を合わせながら料理をつくり、コミュニケーションする力を身に着けてほしいと思います。

地域のお母さま方と連携して、貴崎校区の子どもたちがいつか困ったひとを助けるリーダーになってくれるように願いつつ奮闘中です。
次回は12月1日 クリスマスメニューで子どもたちと共に楽しみたいと思います。

2018年10月20日ウィズあかし子ども料理教室

アスピア1月準備1
10月の講師は三木卓世キッチンコミュニケーター®と同じく幸島キッチンコミュニケーターが務めました。
今までは理事長の鎌倉が主体となって講師をしてきましたが、代講できる講師がようやく増えてきてありがたい限りです。
メニューは協会の冊子 10月新米と牛肉ごぼうご飯 茶碗蒸し 柿のどら焼きでした。
こども画像テキスト10月」縮小

2018年10月6日 子どもコミュニケーション食堂

子ども食堂10月 (1)
今年は 何度も台風が接近して 開催が危ぶまれましたが、無事に開催出来て 約20名の子どもが参加してくれました。
メニューは 新米の牛ごぼうご飯 茶碗蒸し 本枯れ節(鰹節)を削って出汁をとったお味噌汁  お月見団子と丹波大納言のおぐらあんかけ

大分のぎんなん や京都の枝豆 紫ずきん など一つずつの素材も美味しさも味わって貰いました。
地域のお母様方も協力的で 有りがたいです。

実習型子ども食堂で一番気を使うのが 包丁による切り傷や 過熱調理のさいの火傷。

地域の子どもをしっている父兄の方が少し手伝って下さると本当にありがたいです。
お手伝いの方は多ければ良いというものでも有りません。

あまり大人の手伝いが多いと部屋に入りきれないので 子どもの数が減ってしまいます。

お手伝いが少ないせいか、子どもはどんどん上達してきました!
これからも自分達が作るという気持ちを育てたいと思います。