2019年12月7日 フィンランドのログハウスでクリスマス会

201912子ども🎄ハーブキッチン
フィンランドからやってきたログハウスで子ども料理教室のクリスマス会を開催しました。
サラダを作り パン生地を丸めチーズを包み ケーキをデコレーション
オレンジチキンを作りました。
そして クリスマスプレゼントの交換と
クリスマスソング 赤鼻のトナカイさん 柊飾ろう きよしこの夜など。

子どもだけじゃなく、大人も昔の子どもの頃を思い出してとっても楽しい時間でした。
12月14日は 鍵庄様 ランチルームでクリスマス会  
21日はアスピアあかしで しおさいライオンズクラブ主催の子ども食堂に伺います。

2019年12月子ども料理教室🎄Christmas会のお知らせ

20191118ストラスブール🎄ウインドウ
12月7日の子ども料理教室は 西明石キッチンコミュニケーションスタジオと神戸市西区ハーブキッチンの2校合同で開催します。

会場は神戸市西区二ッ谷にある フィンランドからやってきた素敵なログハウスです。
会場地図は 当協会ホームページに掲載されている ハーブキッチンのHPからご覧ください。

参加費用は 今月は2200円と500円程度のクリスマスプレゼントをご持参ください。
内容は クリスマスケーキ とChristmasクッキー作り
焼きたてパンと  オレンジチキン です。

お申込みお待ちしております。

2019年11月9日 貴崎校区 鍵庄子ども食堂

11月8日子どもクッキング
毎月第2土曜日は貴崎小学校区にある 鍵庄貴崎店の2階ランチルームをお借りして 実習型子ども食堂を開催しています。
実習スタイルは 子どもたちはすごく喜びますが、手間がかかります。
調理というのは 包丁や火を使うので危険が伴うのです。
そういう理由で 子ども達は自宅でも料理をする機会を奪われています。

昔は大家族だったのでおばあちゃんやお母さんから毎日自然に家事を受け継いでいましたが、今は核家族が当たり前で、
時間のゆとりが有りません。

生きる力って 勉強ができて学校で上位に入ることだけではありません。
将来自分の力で食べていけるようになること。
仕事は 人のためになることの専門家になることですが、そんな仕事を自発的にできるようになること。
困っている人を見たら助け 協調してコミュニティを築ける人。と思います。

今貴崎校区で子ども食堂に通っている子どもたちは 3年目になりますが 生きる力が身についています。
指示しなくても 人数を数えお茶碗やお汁のお椀を並べ よそって配ってくれます。

始めは慣れなくてお互いに大変でしたし、今も買い物等準備は大変ですが、子ども達が本当に育ってくれて 嬉しくてたまりません。

食を通して触れ合えて 私も子どもから元気をもらっています。
この子どもたちの笑顔がずっと続くことを願ってやみません。

2019年11月2日子ども料理教室

20191102子どもクッキング
11月の子ども料理教室の会場は西明石徒歩5分 キッチンコミュニケーションスタジオ。
今回はお休みが多くて3名だけ。
でもみんな一生懸命お料理して 昼食の後はお茶のお稽古もしました。
茶道の先生は この道40年 裏千家専任講師の山本恵子先生です。
お干菓子は 西明石で人気の和菓子職人 千家さんに作って頂きました。
毎回季節感あふれる繊細なお菓子です。
子ども達はこのお菓子を見ると目が輝きます。
日本の文化を楽しく受け継いで欲しいと思います。
次回は 二ッ谷にあるフィンランドハウス ハーブキッチンで 合同🎄クリスマス会をします。
プレゼント500円分と受講料2000円を持参してご参加くださいね。

2019年9月21日明石しおさい子ども食堂

子ども食堂20190921しおさいライオンズクラブ
毎月第3土曜日はしおさいライオンズクラブの子ども食堂

お手伝いに来てくれているしおさいライオンズクラブメンバーのご子息 高校生が優しすぎて感動!

今通っている子どもたち🧒の中から、こんな風に食のボランティアをしてくれる子どもが育ってくれることを願っています!

今はシニアが中心に子ども食堂のボランティアをしているところが多いですが 次世代に伝えていくには子ども自身が食に関する知識や技術を身に着けることが大切です。

キッチンでコミュニケーション♬
人が気軽に集える場所が身近なところにたくさんできて、次世代が担ってくれるまで私も忍耐強く続けたいと思っています。

2019年9月14日貴崎鍵庄キッチン子ども食堂

IMG_7599昨夜は子ども食堂

会場は貴崎校区 海苔の会社㈱鍵庄様のランチルームです

メニューは季節の行事食に加え、災害に備えるメニュー

前々日に 稲美町のにじいろふぁーみん料理教室で作ったものです。

*にじいろふぁーみんでも協会会員の笠原真希講師が子ども料理教室を開催しています。IMG_7557

9月のメニューを決めたのは2ヶ月前ですが、まさに今 必要な料理となりました。

切り干し大根 やかんぴょう、黒豆、根菜ピクルス 缶詰などなど 停電時でも腐敗の心配が無い食材です。

どちらかと言うと地味なメニューなので 主催者側は 受講生を集めるのに苦労します。新しいもの 華やかな料理に心惹かれるのはあたり前です。でも、ウケだけを狙わず、地味でも、昔から受け継いできた家庭料理の知恵をきちんとお伝えして行きたいと思っています。

さて、災害用の食料品セットなどを買い込んでは、賞味期限が切れて無駄にする方も多いようです。普段から 乾物を使った料理を食べ続けていれば無駄が少なくなります。

冷蔵庫や冷凍庫だけに頼らず、常温で保存がきく食材を常備しましょう!

昭和の初めまでは冷蔵庫や冷凍庫の無い家庭がほとんどでした。
常温保存できる、鰹節 昆布 塩昆布 海苔 乾燥ワカメ ヒジキ 胡麻 大豆 小豆 梅干し 切り干し大根 かんぴょう 干し椎茸など 素晴らしい出汁が出て 栄養たっぷりの食材が沢山あります。組み合わせを工夫すれば本当においしく頂けます。

子ども食堂では、切り干し大根を水に戻して手作り胡麻ドレッシングをかけただけの火を使わないサラダ。

かんぴょうを塩でもみ 下処理して出汁と豚肉で炊いた煮物

始めは気持ち悪がっていた子どもも 最後は「美味しかった!「」と言って帰りました。自分で作るとどんな味か好奇心が湧きます。そしてみんなで食べると安心で楽しい♪ 子ども達に食べられるもののレパートリーが増えると嬉しいです。

ただ一つ困ったことが・・・参加希望の子どもがどんどん増えていて断るのが可哀そうで辛い💦

もっともっと子どもが通える食堂が増えると良いですね♪

 

 

2019年9月8日 遊歩道秋号

友愛レシピ (2) 友愛レシピ (1)
一般社団法人の活動を広く知って頂くため リーフレットや雑誌に子どもに伝えたいレシピを紹介しています。

遊歩道という地域広報紙にコーナーを頂き 次世代応援のためSDGsを絡めて、今回はいもこ汁をご紹介しました。

誌面に限りが有るため文字数を少なくコンパクトにまとめました。

読んで頂ければ幸いです

2019年秋冬号
国連サミットで採択された世界の目標「SDGs(サステイナブル・ディブロップメント ・ゴールズ)」をご存知でしょうか?持続可能な開発目標のことです。
貧困、飢餓 健康 教育 自然 気候変動、その他合計17の目標で構成されています。人類が地球に生き続けることができるようにするための目標です。
気候変動の影響で、今年の夏も豪雨による災害、酷暑、生きて頂きているだけで精一杯状態の方も多かったのではないでしょうか?
農産物の出来具合も気になりますね。
さて、季節は巡り食欲も回復!しっかり食べて、元気に活動したいですね。
今回ご紹介するのは、里芋を使った「いもこ汁」
里芋は、稲作より歴史が古い、作物です。山でとれる自然薯に対して里で栽培することに由来しています。お月見は里芋の収穫祭が起源とも言われています。
秋の澄んだ夜空を見上げて、いもこ汁を頂きながら、先人の歩んで来た道に思いを馳せ、「SDGs」次世代へ繋げる道を考えてみましょう。

2019年9月7日子ども料理教室

子ども茶道雪奈ちゃん (2)毎月第1土曜日は子ども料理教室
神戸市西区二ッ屋にある素敵なフィンランドハウスと、ここキッチンコミュニケーションスタジオで隔月開催しています。

先月に引き続き9名も集まってくれました\(^-^)/

日本に伝わる行事食を作っています。
流行はすぐに古くなります。
伝統文化は古いけど 常に新しい!
子どもたちに料理や茶道を通じて、お行儀を含めた日本の心を伝えて行きたいです。

料理教室の後は裏千家専任講師の山本惠子先生から茶道の手ほどきを受けました。

そして、下の写真↓は先週9月1日の季節料理と茶道入門講座の様子

子ども食堂に通っ茶道入門季節料理てくれているお母さま2名とお子さん2名が茶道教室に参加して下さいました。

2019年9月1日 講師会員募集中~インバウンドに繋がる日本の行事食

今日から9月がスタートしました!
最近は夏休みを早めに終わり、8月後半に新学期が始まる地域も多いそうですね。

夏休みを楽しく過ごしリフレッシュして 元気に新学期を迎えた子どもさんも多いと思いますが、その反面、自由な時間を過ごしていたので、学校での規律正しい生活に戻るまでに時間がかかる子どもさんも多いでしょう。

食生活を整え、健康的な身体を作り、心身共に楽しい学校生活を送れるようにサポートしたいものです。

(一社)キッチンコミュニケーション協会は「子どもを食で応援する」ことを目的として設立され4期目に入りました。
広告などにお金を使っていないので、知名度も低く会員数はそれほど増えていませんが、活動は会員様と共に着実に歩みを続けています。

「地産地消」「日本に伝わる伝統食」をテーマに協会のテキストを使用し子供料理教室(実習型子ども食堂を含める)を100回以上開催しました。

子ども達はテキスト写真のおかげで 出来上がりをイメージしやすいようで、翌月の料理教室を楽しみに通ってくれています。
また スタンプカードも有るので継続した学びに繋がっています。
KCtekisuto縮小
IMG_7254

さて、私たちの作ったテキストに英訳がついていることをご存知でしょうか?
これは 海外からのお客様が来られたり、逆に自分が海外へ行ったとき 自国の料理を紹介できるように作りました。

9月英語レシピ

日本の行事食は、子ども達でも簡単に美味しく作れることを、子ども自身が証明してくれました。

IMG_0064

さて、来年はいよいよオリンピックです。海外からのお客様も増えることでしょう。

これを機会に日本文化に触れたいと思って訪日される海外のお客様は大勢いらっしゃいます。

ひと昔前は 買い物が目的。
食事と言えば寿司 天ぷら お好み焼きかタコ焼きが日本料理のように思っていらっしゃる方が多かったと思います。

でも時代は確実に進んでいます。

神戸新聞夕刊一面に 「深く学ぶ」訪日 旅 共感 という新聞記事を見つけました。
食や文化 少人数のprivateツアー を探している方々も多いのです。

インバウンド神戸新聞

私 鎌倉もいよいよインバウンドに正面から向き合う事にし,英語版のHP製作に取り掛かりました。
協会が作成した子ども用テキストと、行事食の写真が心強い味方です。
一例 3月4月5月の写真をご覧くださいませ。
3月ひな祭り写真
4月鯛めし写真
5月柏餅テキスト

一社キッチンコミュニケーション協会に入会されますと、会員様にはインバウンドにも使用できる資料をお送りします。
開業相談も可能な限り支援させて頂きます。

どんなメニューを提供できるのか? きちんと写真とテキストで説得力のある説明が出来ます。
今はグーグルの翻訳機能を使うと 各国の言語に対応できるように 国の壁を越えた言葉のコミュニケーションの世界が進化しています。

キッチンコミュニケーション協会に入会して頂くと 教室開催のノウハウも指導します。
海外からのお客様をお迎えし 日本文化を伝えることで 自分のお子様にも良い教育の機会になります。

皆様の入会をお待ちしています。
1か月 僅か1000円の会費(入会金別途2万円)で 会員になれます。(2019年現在)
資格を売って利益を得るような資格商法が多く見受けられますが、一般社団法人 キッチンコミュニケーション協会は違います。
私達は非営利の団体で、「子どもを笑顔にする」ことを目的に 共感して下さる企業様に協力を頂き、会員様をを応援するための協会です。

海外からの観光客に日本文化を伝え、直接繋がり仲良くすることは、民間レベルでの世界平和の一歩です。
国同士の争いが絶えませんが 一人でも多くの子ども達を笑顔にし笑顔の輪を広げるため 「食」の力を信じて活動します